シャイ 男性 好意

シャイな男性が好意のある女性の前でしてしまう仕草

スポンサーリンク

最近では独身や未婚の人が増えてきていますが、その要因の一つが草食系男子の増加です。
今までは男性から女性を口説き落とすのが当たり前となっていましたが、最近では自分から女性に行かないシャイな男性も増えてきているんですね。
そういった男性は自分で恋愛をリードするよりも、女性に恋愛をリードしてほしいと思っている場合もあります。
しかしながら、そういった男性でもやっぱり好意のある女性には自分の方へ振り向いてほしいと思っています。そのため、女性が気づかないところで好意のサインを送っているものなんです。
もし、あなたが最近気になっている男性がシャイな男性なら、こういった好意のサインを見逃さずにおきたいところですよね。
そこで今回は、シャイな男性が好意のある女性の前でしている好意の仕草を紹介します。
スポンサーリンク

視線というものは無意識に動かしていることが多いので、視線の動きを観察することで好意の有無を確認する事もできます。
視線が合う人は、自分に好意を持ってくれているということはよく聞きますよね。
しかし、相手がシャイな男性の場合には、逆に視線が合わないということも多いんです。女性と目が合いそうになっても、目を合わせるのが恥ずかしい、気まずいなどといった理由から女性と視線が合わせられないというシャイな男性もいます。もし、不自然に目を合わせてくれない男性がいたら、好意を持っているサインでしょう。

 

また、話している時にあなたとの距離が近かったり、顔や髪を触る仕草をしている時には、あなたに安心感を感じていたり、照れている証拠です。
特に、人は自分が安心感を感じる相手には、自然と近寄ってしまうものですから、それだけあなたに気を許している証なんですね。
好きになった男性と会話している時の距離などが近かったり、髪などを頻繁に触る仕草をしている時には、好意があると考えていいでしょう。
スポンサーリンク