好き避け 男 特徴

好き避けする男の特徴となる3つの仕草とは?

スポンサーリンク

相手が避けるような仕草を最近してきたことがないでしょうか?
今までいつもどおりあなたと話したり接したりしていたのに、急にある時を境に態度が冷たくなったり、避けられるような態度をされてしまったことがあるのではないかと思います。
特に気になっている男性からそうして避けられてしまっては、こちらとしても何かしてしまったのではないかと不安になってしまったり、心配になってしまいますよね。
実はこうした行動の裏には、ある心理が隠されている可能性があります。それが好き避けという心理です。
好き避けとは、相手のことが好きであるのにも関わらず、ある時から急に恥ずかしくなったり、そう接していけばいいか分からなくなってしまったりして、そこから相手のことを無視したり、避けるようになってしまうことを言います。
好き避けされてしまったら、される側としては、どうして避けられるのか分からないため、嫌われてしまったのではと勘違いしてしまいます。
スポンサーリンク

ですが、ちゃんと好き避けする男には仕草や態度に特徴が出ます。ですから、もし避けられると感じた時には、こうした特徴が見れるかどうかを確認しましょう。
男の好き避けの特徴の一つとして、頻繁に目線が合うという事があります。
恥ずかしさから避けてしまうとしても、男としては無意識のうちに好きな人のことを遠巻きにでも目で追ってしまうものなんです。
ですから、好きな男性とあまり接しないようになっても目線だけはいつもよく合うという時には、相手は好き避けをしている証拠でしょう。
また、あなたの近くにいようとする仕草をするときにも、相手は好き避けをしている可能性があります。その時には、話しかけると離れてしまうけど、いつの間にかあなたの近くにいることでしょう。
そして、最後の特徴として、身体があなたの方に向いているかどうかということです。好きな人の方へ、自然と身体の向きが変わってしまうのが男性というものです。ですから、相手がこちらを頻繁に向いている時には、あなたに好意がある可能性が高いでしょう。
スポンサーリンク