押してダメなら

気になる人には押してダメなら引く仕草をしてみるといい?

スポンサーリンク

好きな人へのアプローチの方法について、どんなことをあなたは意識しているでしょうか?
好きな人へのアプローチの方法は人によって違うものですが、積極的にグイグイ行く人もいれば、消極的になってしまう人も様々でしょう。
ですが、異性にアタックするというのが、どんな方法でやっていけば良いのか分からないということもあるでしょう。特に、今まで恋愛経験が浅かった人からすると、そもそも異性と接する事自体が慣れていない事もあると思うので、アプローチのポイントは押さえておきたいですよね。

 

さて、そんな恋愛での駆け引きにおいては、押していくタイミングと、引くタイミングが重要なんです。
もちろん、自分からどんどん押していって、相手に積極的にアプローチを仕掛けていくこともいいでしょう。相手が慣れてこないうちに、どんどん話しかけに行ったり、頻繁に会いに行ったりすることで、相手をドキドキさせ、あなたの魅力を見せてしまうのもいいでしょう。
スポンサーリンク

ですが、一度相手があなたの押すペースになれてしまうと、あまりあなたのアプローチに反応しなくなってきてしまう事があります。頻繁に話しかけに行ったとしても、軽く流されたり、あしらわれたりしてしまったら、押している効果がなくなってしまいます。ですから、そういった時には、押してダメなら引いてみろの精神で、引く仕草を見せてあげるのがいいものなんです。
いつも頻繁に自分に話しかけに来てくれていたのに、急になんの連絡もなくなって、なんのアプローチもされなくなってしまうと、やっぱり気になってしまうものなんです。
単純接触効果というのがあるように、頻繁に会っている人ほど、親近感を抱きやすいといいますが、そうやって頻繁に会っていたのに、それがなくなってしまったことで、寂しさを感じてしまうんですね。ですから、好きな人にアプローチしてみて、反応が悪くなってしまった時には、押すのをぐっと我慢して、一旦引いてみると、相手の本音が見える可能性があるでしょう。
スポンサーリンク