パーソナルスペース 好意

パーソナルスペースから好意があるかどうかを確認する方法

スポンサーリンク

パーソナルスペースというのをあなたはご存知でしょうか?パーソナルスペースという単語を一度は聞いたことのある人も多いのではないかと思います。
パーソナルスペースと言うのは、いわゆる心理的な縄張りというものです。私たちには、相手との関係によって近づかれてもいい距離というのが決まっています。相手がそれ以上距離を縮めてくると、不快感を感じる領域があり、その手前までが、その人とのパーソナルスペースの距離だということが分かります。
より関係性が薄ければ薄いほど距離は遠くなりますし、関係性がより密接に関われば関わるほど、パーソナルスペースで不快感を感じる距離は短くなります。

 

一般的に男性は前後に長い楕円形、女性は一定の距離のある円形のパーソナルスペースを形成しているといいます。ですから、男性の場合には、前方や後方に立たれると、不快感を感じるようになるということですね。ただし、このパーソナルスペースにも個人差があり、外向的な人はパーソナルスペースが狭くなり、内向的な人はパーソナルスペースが広くなる傾向があります。
スポンサーリンク

そしてこれは恋愛にも応用できる考え方なんですね。
気になる人がいるけれど、相手が自分のことをどう感じているかを確認することってなかなか出来ませんよね。ですが、相手とのパーソナルスペースの距離を確認することで、自然と相手との関係性を確認することが出来るんですね。
その人との距離が1.2メートル離れているときは、社会距離といい、仕事上や職場での付き合いがあるけれど、それ以上にはない関係を表しています。もし、気になる人がその距離以上に近づいてこない場合には、あくまでの仕事上の関係性だということです。
そこから距離が短くなり1.2メートル〜45センチの間まで入った時には、個体距離と呼ばれ、親しい友人の関係にまで近づいたということです。
さらにそこから距離が近くなり45センチ以内に入った時には、密接距離と言われ、この距離まで近づければ、ほぼ脈アリと考えていいでしょう。
スポンサーリンク