目を合わせる

目を合わせる仕草で女性から好意を持ってもらう方法とは?

スポンサーリンク

気になる相手から興味を持ってもらえるようにするのに、どうやって気を引けば良いか知っている人はそこまで多くないのではないでしょうか?
自分の好きな人から気にしてもらえるようになったら嬉しいものですよね。こちらとしても興味を持ってもらえることは嬉しいことですし、そこから先の進展を期待してしまったりするものですから、どうせなら気を引いてみたいものです。

 

そんな相手の気を引く方法として、特定の仕草を見せてあげるというのがあるんですね。仕草というのは、その人の内面を映し出す鏡であり、仕草を観察することで相手の心理や本音を読み取ることが出来るというのは聞いたことがあると思いますが、その一方で上手く仕草を使うことで、相手に興味を持ってもらえるようにすることも出来るんですね
ちょっとした仕草でも相手はあなたに興味を持ってもらえるようになりますから、ぜひ気になる人に試してみたいところです。
今回はその中でも目を合わせるという仕草を紹介します。
スポンサーリンク

なんだか最近よく目が合うな〜…なんて思っていたら、気づいたらその人のことが気になっていた、なんて経験のある人もいるのではないでしょうか?
目は口ほどにモノを言うなんて諺があるくらい、目が合うという仕草から読み取れることは多いんですね。
そして、目の合ってる時間と、その人の魅力が相手に伝わる大きさというのは比例しているものなんです。
つまり、それだけ相手と目線を合わせていればいるほど、相手に好意を持ってもらいやすいということなんですね。頻繁に目が合う人と一緒にいる時のほうが、その人の魅力を感じやすいということです。

 

ただあまりじっと見つめすぎても、相手は不振に思ってしまいますから、チラチラと適度に間を空けるようにして、ほほ笑みを交えながら合わせるようにしましょう。
たとえ会話が途切れてしまったとしても、相手と目を合わせている時のほうが、好意を持ってもらいやすいんですね。すぐに逸らすのではなく、ふとした瞬間に逸らすようにすると相手もあなたを意識し始めるでしょう。
スポンサーリンク