仕草 心理 モテる 脈アリ

仕草を見て好きな人の性格や心理を診断するポイントとモテる仕草とは?

スポンサーリンク

人の仕草というのは、その人の性格が出てしまうものです。人にはそれぞれ癖がありますが、そういった癖で行ってしまう仕草にも、無意識のうちに隠れた本音や心理が隠れているんですね。相手の仕草から相手の性格や心理を読み取ってあげることは、人付き合いにおいてもとても有効なことですし、恋愛においても相手の心理を読み取るのに、相手の仕草を観察することは定番の方法です。

 

仕草というのは、年齢や性別によっても異なってきます。特に男性の場合は、自分の気持ちを言葉にして表す人が少なく、その分行動や仕草に表れやすいんですね。
ですから、好きな人がいる人は、それだけ相手の仕草を観察すれば、相手の心理を読み取ることが出来るんです。
人は意識していなくても、無意識のうちに身体の細部にその仕草が表れやすいんですね。
そこで今回は、相手の仕草を見て、性格を診断するポイントをいくつか紹介します。

 

一つに緊張や不安を感じやすい人の仕草です。
例えば、話している時や、接している時にいつも腕を組んでいる人があなたの周りにもいるのではないでしょうか?
スポンサーリンク

腕を組むという仕草は、相手を拒絶したいという心理の現れです。相手の出方を伺っていて、自分のまもりに入っているため、あまり本音を話す方ではないと言えるでしょう。
他にも。唇を触るのも不安を感じている証拠です。唇を触ることで不安を和らげようとしているんですね。唇以外にも、髪を触る場合もあります。
また、自分に自信があり、自己主張が強い人の仕草です。
例えば話している時に、顎に手を当てている時には、自分に自信がある現れだといえます。話している間にこうした仕草が見えるときには、話の中で反論できるところがないか考えていると思われます。その他に、よく声が大きくなったり、身体の後ろで手を組んでいる人も、自信があり、自己主張が強いと言えるでしょう。

 

今挙げた他にも、その人の性格によって出てくる仕草はバラバラです。
人の仕草には、その時の相手の心理が表れます。リラックスしている時には、手のひらを相手に見せるようにしますし、嘘をついている時には、目線が泳いでいたり、鼻の頭を触る仕草が多くなります。そういったちょっとした仕草から相手の心理を読み取ることで、人間関係も恋愛も有利にすすめることが出来るようになります。

 

それとは逆に、こちらからモテる仕草を相手に見せることで、恋愛や人間関係を有利に進める事もできます。このサイトでは、そうした好きな人に見せる脈アリのサインや、仕草に隠れた心理などについて解説していきます。
スポンサーリンク